実家が空き家になった時は

老朽化などの懸念

最近、不動産界隈で大きな問題となっていることがあるのをご存知でしょうか?
それが「空き家」の問題です。
今、日本には数多くの空き家が存在しており、老朽化などによって危険が生じる可能性が高まっていることなど、懸念が強まっています。

このような状態になってしまっている原因と考えられるのが「住宅用地特例」というもので、この仕組みによって建物があり、住宅地として用を成している場合には税制上優遇されるため、家を残したままにして税金を節約する、という考え方がありました。
また、もう一つ大きな原因であるといえるのが、親が亡くなったり、あるいは施設に入るなどして実家が利用されなくなった際、子供はすでに自分の家を持っており、その家の利用目的がなくなってしまうという状況が続いたこともありました。
もし、そういった状況になり実家が空き家となる場合、この住宅はどのように扱うべきなのでしょうか?

実家の扱いについて十分考えなければならないポイントはまず「その後、その家に戻ってくる可能性があるのか」ということです。
死亡してしまった、或いは重篤な状態になってしまった、というように実家に戻る可能性がないのであれば、「売却」や「賃貸」が主な利用方法として考えられます。
しかし、何年後かになって戻ってくる可能性がある場合、これらの方法は取れません。
その際に利用できる方法として「定期借家契約」というものがあります。

これは借地借家法の改正によって新しく認められることになった契約の方法です。
今までは一度賃貸契約を結ぶと、特別な事情がない限り入居者に退去を命じることは出来ませんでした。
賃貸の利用自体を憚らせている側面があったと言えます。

その状況を解決するために、一定期間を区切って賃貸を行う仕組みが生まれました。
この定期借家契約を利用することを「リロケーション」と呼びます。
最近ではリロケーションを担当している不動産会社も多くなってきているため、そういった会社に相談してみると良いでしょう。

空き家は空き家のままにしておくのが一番状態を悪化させるもので、人が住んでいない住宅というのはすぐに劣化し価値を失ってしまいます。
そうなる前に人に住んでもらうことが重要になるわけです。

不動産会社に相談を

また、空き家の問題が噴出した際には、不動産会社に相談をしてみるのも良いでしょう。
不動産会社は不動産に関するプロフェッショナルであるため、高い知識を持っており、さまざまな対処方法について提案してもらえる事が考えられます。
売却するつもりがないのに不動産会社に相談するのは気が引ける、怖いと感じる人もいるかもしれませんが、そういった心配はありません。
最近ではこの空き家を使ったビジネスが発展してきており、必ずしも売却せずとも不動産会社にとってもメリットがある方法があり、それを提案してもらえることがあるわけです。

例えばリロケーションはその代表的な一つでしょう。
これ以外にも、定期的な管理や、防犯巡回を依頼できるサービスがあるケースもあります。
こういったものも上手く利用して、空き家の管理を行っていくようにしましょう。