交通費の節約法

頻度で変わる

普段から移動が必要な人と、それほど高頻度ではなく移動が必要な人とでは、交通費の節約方法が違ってきます。
前者の場合には定期券を利用するのがもっとも効果的な交通費の抑え方ということになるでしょう。
しかし、定期券を利用するほどの頻度ではない場合、他の方法を考えなければなりません。
では、どのような方法で交通費を抑えることが出来るでしょうか。

方法の一つとして、回数券の利用があります。
頻度は低くとも利用する区画が同じなのであれば券売機から直接回数券を購入するのがコストパフォーマンスとして非常に優れた方法といえるでしょう。
また、チケットショップなどでバラ売りされているものを購入するという方法もあります。
こちらは利用回数がより少ないケースで利用出来るもので、単価は自分で券売機から購入する場合に比べると高めになります。

定期券を安く利用する

また、定期券を利用する場合でも、さらに安く利用できる方法があります。
まず一般的な方法であるのが、クレジットカードでの購入です。
クレジットカードを使った場合、おおよそ1%から3%程度の優遇を受けられる仕組みとなっていることが多く、基本的な金額を抑えることができます。
ただ、これでは劇的に安くなった、とはいえません。

実はもう一つ劇的に定期券を安く利用できる方法があります。
これは私鉄の場合にのみ利用できるものです。
その方法は、株主優待乗車証を購入することです。

これは単元株式数以上の株式を所有している場合に利用できる株主優待の一つで、半年分の定期券を無料にしてしまうというとんでもないものです。
とはいえ、勿論これを購入するためにもお金が掛かるため、完全に無料になるわけではありません。
しかし半年分普通に定期を購入する場合に比べると2万円程度安くなることが多く、長期的に見るとかなり得が出来る購入方法となります。

クーポンを利用してお得な生活を

割引を使う

最近では割引をしてもらえるための様々なクーポンというものが存在しています。
節約を心がける時には、このクーポンを上手く利用することでお金を浮かせるのも一つの方法でしょう。
同じものを購入するのであれば、安く購入できるに越したことはありません。

一口にクーポンと言ってもその種類は様々です。
フリーペーパーのような形で配布されているものもあれば、直接サイトからダウンロードして利用するものもあります。
他にもメールマガジンのようにして配布されているようなものもあります。
これ以外にも、最初に購入して、使うタイプのクーポンも存在しています。

購入タイプのクーポンは、元手が必要であるものの、フリークーポンに比べると高い割引率になっていることが多いでしょう。
自分が利用したい先の物があるようなら購入費をペイできることが多いため、総合的に判断して利用を検討するようにします。
勿論このタイプのものは使わないとそれだけで損をしてしまうため、より計画的に利用しなければなりません。

うっかりクーポンを持ってくるのを忘れてしまったりしたために割引がされないといったこともあります。
普段つかっているお財布にクーポンを忘れずにいれておきましょう。

一人ではない時のクーポン

一人で利用する時であれば、特に迷うことなくクーポンを使用することができます。
しかし、複数人で利用するお店でクーポンを使うという場合には多少配慮をする必要があるでしょう。
クーポンを使って自分だけが得をするようなことをしてまうと、他の仲間達からの評判を下げてしまう可能性もあります。
その程度の割引率で人付き合いを失うのはバカバカしいことであるため、全員が得を出来るような方法を考えるようにしましょう。

例外として、幹事のように自分が他の人によりもセッティングに尽力することで、自然とクーポン使用をしても雰囲気を悪くしない、という方法があります。
他の人がやりたがらない時には積極的にやるのもいいでしょう。